高麗人参と血圧の関係とは!?驚愕の効能まとめ

様々な症状に効能・効果を発揮するといわれている高麗人参。血圧を正常にする効果があるともいわれています。高麗人参の効能を一気にまとめたブログです。

知ってた?血圧の悩みには高麗人参がおすすめ!

時代と共に生活習慣が変わり、最近では若者から高齢者まで高血圧・低血圧とも血圧に悩まされている方が増えてきています。

そんな中で血圧を正常にするのに効果的といわれているのが高麗人参です。

名前はよくきくけどどのような効果があるのだろう?

高血圧の人、低血圧の人、どちらに効果的なのだろう?

そんな疑問にお答えします。

 

血圧とは?

f:id:asktky03:20181128200536p:plain

血圧が高い、低いとよくいいますがそもそも血圧とは何か説明はできるでしょうか?

血圧が高かったり低かったりするとなぜいけないのでしょうか?

健康な人の正常値はわかりますか?

 

血圧とは、血管内への圧力のことをいいます。

心臓が縮んだり、広がったりすることによって心臓から流れる血液が全身の血管へ送り出されます。そのときに血管の壁にかかる力を血圧といっています。

 

血圧の数値は、上と下が表示されますがどのようなことか説明致します。

『上』は最高血圧のことをいい、最高血圧というのは心臓が縮んでいて、短い時間で強く圧力がかかっているときの数値をいいます。

『下』は最低血圧のことをいい、最低血圧は心臓が拡がっているときの数値です。

 

よく高血圧・低血圧と耳にすることがあるかと思いますが、これはその名の通り血圧が高い状態と低い状態のことをいいます。

血圧の正常値は普通の成人で140/90mmHg未満といわれています。

ただしこの数値は病院などで診察するさいの基準として、診療室血圧の正常値といわれています。

自宅で測った際は135/85mmHg未満が正常値とされています。

 

高血圧とは?

f:id:asktky03:20181128200656p:plain

高血圧と呼ばれる数値は一般的に先ほど説明した正常な数値以上のことをいいます。

病院などでの基準は140/90mmHg以上、家庭で測った際には135/85mmHg以上が高血圧とされています。

高血圧の明らかな原因というのは特定はできないのですが、食生活などによる塩分の摂りすぎや、ストレス、または遺伝子的なことが大きく関係しています。

また、腎臓や副腎の病気や、血圧を上げる薬剤などによっても正常数値を上回ってしまうこともあります。

 

高血圧は血管や心臓に負担がかかり、動脈硬化や心臓肥大などにもなってしまう可能性があります。

高血圧はまれに頭痛や耳鳴りなどの症状が出ることがありますが、ほとんどの場合自覚症状がないままに進行してしまうので、脳卒中や心筋梗塞、心不全や腎不全などの循環器系の病気になりやすくなってしまいます。

日本では現在、約4000万人もの人が高血圧ともいわれており、高齢者になると3人に1人が高血圧といわれています。

高血圧になってしまうはっきりとした原因はわかっていません。

しかし塩分の過剰摂取、肥満、喫煙やストレス、運動不足、などといった生活習慣の乱れなどが原因で高血圧になってしまったり、元々の遺伝子的なことも原因の一つではないかといわれています。

 

 

低血圧とは?

f:id:asktky03:20181128200812p:plain

低血圧は、高血圧ほど問題にされることが少なく、実は診断基準も定められていません。

現在日本では最高血圧が110~100mHg以下、110~85mmHg以下を低血圧の目安にしている病院や医師が多くいます。

低血圧は、病気ではないのにカラダがだるい感じがしたり、疲れやすかったりすることがあります。

また、めまいや不眠、胃もたれや頭痛、耳鳴り、肩こりなど様々な症状が起こりやすいといわれています。

人によって症状も違えば、高血圧ほどに重要と思われることも少なく、カラダは辛いはずでも病院を受診する人はほとんどいません。

めまいなどの症状が続くようであれば、しっかりと血圧を確認する習慣をつけて自分の血圧の状態を知っておくとよいでしょう。

 

正常な血圧にするために大切なのは生活習慣

f:id:asktky03:20181128200947p:plain

血圧に限らず、人々が健康に過ごすためには普段の生活習慣が非常に大切です。

生活習慣を改善していくことで健康的で元気な毎日が過ごせます。

充実した毎日を過ごすためにもしっかりと生活習慣を見直していきましょう。

食生活の改善

f:id:asktky03:20181128201106p:plain

生活習慣を改善する際にポイントとなるのは、まずは食事管理。

食事管理では食塩の過剰摂取を抑えていきましょう。日本人の一日の塩分の摂取量の目安は男性で8g未満、女性で7g未満です。目標としては1日6g未満ともいわれています。

しかし厚生労働省の調査によると、目安となる塩分摂取量に対して多くの日本人の平均摂取量は10~11gといわれています。

意識せずに食事をしているとあっという間に塩分摂取量をオーバーしてしまいがちです。個人差はあるものの、塩分を1g減らすと約1mmHgほど下がります。

調味料を使う際に減塩のものを選んだり、そもそもの使用量を減らしていくことで調整しましょう。また、加工品などの保存食にも多く塩分が使われていますし、外食でも過剰摂取になることがあるので気を付けていきましょう。

それ以外にも、血圧を下げる効果のあるマグネシウムやカリウムを多く含んでいる野菜や果物も意識して取り入れていきましょう。

 

適度な運動をする

f:id:asktky03:20181128201338p:plain

 次に大切なのは普段から適度な運動を心掛けることです。

高血圧の方で肥満の方はまずは減量することがとても大切になります。減量することで血圧が下がるのはしっかりと証明されていて、1kgあたり約1mmHgの血圧の低下が期待できるのだそうです。

減量の助けにもなる運動は、ウォーキングなどの簡単な運動で構いません。有酸素運動をなるべく毎日30分程度するのが理想です。

このような軽い運動でも血圧は5~10mmHg程度下がり、循環器系の疾患も起こりにくくなるともいわれています。

 

また、低血圧の人にも軽い運動は非常に大切です。

ウォーキングやジョギングなどの軽い運動は血液循環をよくしてくれます。またしっかりと下半身の筋力を鍛えていくことで血流もよくなります。

低血圧の人はエネルギーが不足しがちで、運動をする気力がない…そんな人も多いかもしれません。そんな時は普段の生活の中で少しずつ運動量を増やしていきましょう。

例えば普段はエスカレーターを多く使うというのを階段に変えてみたり、いつもより1駅だけ歩いてみるなどといった簡単に続けられそうなところから始めましょう。

慣れてきたらラジオ体操やウォーキングなどを始めるのがいいでしょう。

 

高血圧の方も低血圧の方も、はじめからしっかり運動やトレーニングをしようと思うと、あまり続かないものです。普段の生活を改めるには無理のない範囲でしっかりと続ける習慣を身に付けていくことがなにより大切です。

また運動の際は水分補給も忘れずに行いましょう。

 

嗜好品を控える

f:id:asktky03:20181128201719p:plain



とても魅力的な嗜好品。嗜好品は私たちのカラダにとっては栄養分として直接は必要としません。しかし味覚や嗅覚などで楽しませてくれます。

 代表的なものの一つとして飲酒があげられます。

アルコールの飲み過ぎは日中の血圧をあげる恐れがあります。しかし実は飲酒後はしばらくは血圧が下がり、24時間以内の平均血圧はアルコールを飲んでも、飲まなくてもあまり変わらないといわれています。循環器系の病気や死亡率をみても、少量ではさほど影響はありません。ただし飲み過ぎが禁物なのです。

アルコール摂取の目安としては、男性の場合はビールの中瓶1本程度か日本酒1合程度までです。

血圧とアルコールの関係はさほど影響はないのではないかとも思いますが、アルコールの飲み過ぎも様々な疾患の誘発にもつながるのでカラダのためにも控えめにしましょう。

 

次に喫煙です。百害あって一利なしともいわれる煙草。喫煙は煙草1本を吸う度に血圧が上がります。煙草を吸うとニコチンが交感神経系を刺激し、血圧があがるのです。

煙草を吸うことで一酸化炭素の増え、血液中の酸素が不足します。煙草を吸って気持ち的にはリラックスするのかもしれませんが、カラダ(心臓)にはかなりの負担をかけています。

煙草を吸う人は吸わない人と比べて癌や循環器系など病気、病の全般に対して脂肪率が1.5~2倍になるともいわれているのです。

 禁煙することで様々な疾患になる可能性は大幅に低くなることがわかっているのでできることならばカラダのために煙草は控えましょう。

 

高麗人参で血圧を正常にしよう!

f:id:asktky03:20181128202014p:plain

血圧を正常にするためにおすすめの方法や治療法はたくさんありますが、その中でも注目なのは高麗人参です。

一度は聞いたことがある高麗人参かと思いますが、一体高麗人参とはどのようなものかご存知でしょうか?

高麗人参の効果・効能を理解して血圧の改善に取り入れてみてください。

 

高麗人参とは?

f:id:asktky03:20181128202132p:plain

高麗人参は主に漢方薬として有名ですね。

数千年も前から人々に漢方薬として使われています。“朝鮮人参”や“オタネニンジン”とも呼ばれていますが、高麗人参のことを言っているといって間違いはありません。

高麗人参はウコギ科の多年草で、主に根の部分を摂取します。

漢方薬やサプリメントのイメージが強いですが、普通の人参のように調理して食べることも可能です。

高麗人参は栽培が難しく、栽培は土づくりからはじまります。

しっかりと良質な土の準備が整ってから種をまき、直射日光を避けた場所で栽培します。そしてその後4年もの長い年月をかけてやっと発芽するのです。

この4年の歳月が経ってきたころに、サポニンという成分がしっかりと含まれてきます。サポニンは、血行促進、疲労回復、免疫力の向上などに効果があるといわれています。

サポニンがどんどんと作られてくるときに、土の栄養もしっかりと吸収していくのです。

高麗人参はさらに年月を掛け、収穫できるようになるのは4年目から6年目です。

特に6年根といわれる6年目の高麗人参は最高峰といわれています。6年目の高麗人参が一番サポニンを含んでいるのだそうです。

こんなにもたくさんの年月をかけて栄養を蓄えるので、高麗人参を栽培した土では10年間は植物を育てられないのだそうです。

それだけの栄養分をしっかり吸収しているのが高麗人参です。

 

高麗人参で血圧の悩みを解消

f:id:asktky03:20181128202305p:plain


 

高麗人参は特に血液系の疾患、症状に対して大きな効果を発揮します。

高麗人参の効果を調べてみると、高血圧の人にいいともいわれているし、反対に低血圧の人にもいいといわれています。

果たしてどちらの情報が正確なのでしょうか?

 

実はどちらにも効果的です。

まずは、低血圧の人が高麗人参を摂取した方がいい理由を説明します。

 

低血圧の人は、副交感神経の緊張が高い傾向があります。頭が重い感じがしたり、めまいや脱力感を感じる、冷え性であるなどといった方は低血圧の可能性が高いです。

高麗人参は、緊張状態が高い副交感神経を和らげて、自律神経の状態を正常に戻し、血圧をあげてくれる働きがあります。

また、高麗人参の作用により心臓が力強く打つようになり、血液の拍出量が増えることにより全身にしっかりと酸素が行きわたり、細胞が活性化されます。全身にしっかりと血液が行きわたるので血色もよくなります。

高麗人参は薬としての治療ではなく、カラダの根本を改善し体質改善をするのに効果的です。

 

次に高血圧の方におすすめする理由です。

高麗人参は血圧をあげてくれるといわれているので高血圧の人には良くないといわれていることが多くあります。

特に高麗人参の中でも白参といわれるいわゆる生の状態のものは、血圧を上げる作用が強いといわれています。しかし、加工して蒸したものである紅参は中枢神経のバランスを調整してくれます。

 

わたしたち人間は、恒常性維持機能というものがあり、環境が変わってもカラダを一定に保とうとする機能が備わっています。

どのようなことかというと、暑いときに汗をかいて体温を調節したり、カラダに何かしらのウイルスが入ってきた場合はそれを排除しようとする、転んだりしてケガをしたら傷口を塞ごうとするなどといった私たちが意識的に何かをしなくてもカラダが勝手に行うことです。

高麗人参を摂取することでも、この恒常性維持の機能によって高血圧にも低血圧にも効果を発揮してくれるのです。

【正官庄】世界売上No.1高麗人参

 

まとめ

現代人は生活習慣の乱れから、高血圧・低血圧の悩みを抱える人は増えています。

生活習慣を改善出来たらいいのですが、仕事や人間関係など思うようにいかず、なかなか難しいことでもあります。

そんな時には簡単に血圧を正常に導くアイテムの一つとして、高麗人参を取り入れてみてくださいね。

 

高麗人参で効果が出なかったという方にはこちらもおすすめ

 1年、3年、5年先も元気でいるために!「蔘龍人参(センロンニンジン)」