高麗人参と血圧の関係とは!?驚愕の効能まとめ

様々な症状に効能・効果を発揮するといわれている高麗人参。血圧を正常にする効果があるともいわれています。高麗人参の効能を一気にまとめたブログです。

低血圧で冷え性の女性に必見!高麗人参で健康体質に

疲れがなかなか取れない、朝が弱い、めまいや頭痛がする、肩こりや冷え性が酷い…などの多くの悩みを抱える女性は実に多いと言われています。すべてが該当しなくてもいくつかそのような悩みをお持ちではないでしょうか?

このような症状に悩まされる女性は低血圧である可能性が高いです。低血圧はほとんどは病気ではなく、遺伝的なものや体質だったり生活習慣などから引き起こされます。快適な毎日を過ごせるようにライフスタイルを見直してみてはいかがでしょうか?

多くの女性の悩みと対策

f:id:asktky03:20181224161212p:plain

健康面の女性の悩みは尽きません。以下のようなランキングが発表されてます。

1位 肩こり

2位 冷え性

3位 便秘

4位 生理痛

5位 頭痛

女性のみなさんの多くは共感するのではないでしょうか?

デスクワークが中心となったり、家事をしたりと知らないうちに姿勢が崩れ、その悪い姿勢によりカラダが固まり、血行が悪くなることによって引き起こされる肩こり。季節に関わらず体温が低く、手足の先が冷え、冷えからさらに肩こりや生理痛などにも影響を及ぼすこともあります。さらには便秘によって肌荒れが生じてしまったり、年中片頭痛に悩まされるなど多くのカラダの不調は関連しています。

これらの不調は低血圧が原因であることが影響することも多くあります。低血圧の人は全身へと血液を送り出す心臓の力が弱いことで血液の流れも弱くなってしまいます。すると血液が心臓に戻ってくるのも遅くなってしまい、血液循環はどんどん悪くなってしまいます。血液循環が悪くなれば、全身に栄養素も行き届かないので不調になってしまうのは仕方がないことですね。

女性は冷え性の方が多くいますが、実は女性であるほどカラダを冷やさないことが非常に大切なのです。女性特有の現象として生理があり、妊娠や出産をします。生理痛が酷くなってしまう原因の一つにもカラダの冷えがあげられるのです。

生理痛は子宮を収縮させるプロスタグランジンという物質が影響しています。プロスタグランジンは子宮を収縮させ、経血を排出させる役割があります。そのプロスタグランジンが多すぎてしまうと子宮を収縮させる力が強くなってしまい、生理痛が強く起こってしまうのです。このプロスタグランジンの量を少なくさせるために大切なのが、カラダを温めるということなのです。生理前に起こるPMSの症状もカラダを温め、生活習慣を整えることで女性ホルモンのバランスも整えることができます。

様々な女性の不調を改善するためには何よりカラダを冷やさない、温めることが大切です。

カラダが冷えてしまう原因とは?

f:id:asktky03:20181224161352p:plain

男性よりも女性に冷え性が多い原因としては、筋肉量が影響しています。筋肉量が少ないと、カラダの中で生み出される熱量、エネルギー量も少なくなるために冷えやすくなってしまいます。女性は男性よりも筋肉量が少ないために冷え性になりやすいのです。

さらには生活習慣の乱れやストレスなどによる自律神経の乱れによる睡眠不足、冷たいものを摂取しすぎることなども大きく関わります。

カラダが冷えてしまうと、血行が悪くなり、老廃物が溜まって免疫力も弱まるために多くの不調が引き起こされる悪循環が起こります。

適度な運動、生活習慣の見直し、服装や食べ物などに気を付けるなどしてしっかりと冷えの対策を行いましょう。

冷え性の改善にも高麗人参が効果的

f:id:asktky03:20181224161511p:plain

冷え性や高血圧はカラダの不調が引き起こされますが、病気と言われる症状ではありません。そのため薬による治療もほとんどなく、栄養ドリンクなどでごまかしながら常に不調を抱えながら過ごしている方が多いのではないでしょうか?そんな病気になる前の不調な状態であるこれらの未病には、高麗人参がおすすめです。

高麗人参は何千年も前から漢方薬などとして愛用されていました。高麗人参にはサポニンと呼ばれる成分が豊富に含まれており、このサポニンは悪玉コレステロール値を下げて、血液をサラサラな状態にしてくれたり、血管を拡げて血流をよくしてくれる作用があると言われています。

 

血液の状態がよくなり、血流が良くなることで全身までエネルギーや栄養が行きわたり、冷え性の改善につながります。

冷え性の改善は様々なカラダの不調からも解放される根本的な改善ともいえます。生活の中に高麗人参を取り入れ、健康なカラダ作りに生かしてみてはいかがでしょうか。